IT業界の職種と適職

IT業界に限ったことではありませんが、転職をする際は、自分のスキルや得意分野に合った職種を選ぶ必要があります。

例えば、「物を作るのが好き」「新しい技術を身に付けたい」という人であれば、エンジニアが向いています。

IT業界は、他の業界と比べると、進歩の速さがケタ違いです。

ですから、常に新しい技術を身に付けておかなければなりませんので、それが苦にならないことが重要です。

また、顧客が求めている物をしっかり理解したうえで、閲覧者の使いやすさにも配慮したデザインを考えなければなりません。

さらに、「地道な作業を苦としない根気」「問題を解決する能力」「メンバーに自分の考えを伝えられるコミュニケーション能力」なども求められます。

次に、「人と接することが好き」という人は、「営業職」が向いています。

人と接することで、人脈を広げられるというメリットもあります。

このように、自分の得意分野などを分析したうえで転職活動を行えば、成功する確率を高めることができます。

IT系の仕事の求人時期にも注目

IT系の仕事を探すにしても、「求人が出ている時期」に注意した方がいいでしょう。そしてもちろん「求人内容」や「会社に関する情報」についても。

なぜってやっぱり「転職失敗」したくはないじゃないですか。イヤなーな会社に就職してしまい、そしてまた転職先を探すことになりたくはないじゃないですか。どうせならば、長く勤めたいと思うものでしょう。

そしてだからこそ、IT系の仕事にしましても、求人についてはしっかりと見極めなくてはならないのです。そのまずひとつが「求人が出ている時期」でしょう。

「年がら年中、求人が出ているIT系企業」はやめておいて正解です。また、「中途半端な時期に出ている求人」もやめておいていいかも知れません。

4月採用ではなく、また下半期の始まりである10月採用でもない半端な時期に出ている求人は、もしかすると半端な時期に辞めて行った社員がいるからこその求人かも知れませんからね。

そしてそのような時期に求人を出さざるを得ない背景を考えてみますと、うかつにその求人に飛びついて良いものなのかは迷うところです。とはいえ、産休の欠員の場合もありますので、一概には言えないところですが。

IT系の転職先

システム開発の仕事を希望する人は、20代前半がよいと思います。30歳すぎると、年齢的に採用されるのは難しいです。よっぽど資格や経験を積んでいないと厳しい世界なのです。システム開発で仕事のできる人間は、30歳ですでに管理職をしていて開発の仕事を黙々と作業をこなすというより、教える立場にいるのでリーダーの素質が備わってないと無理です。30歳以上で転職してシステム開発の仕事をしたいのであれば、経験と資格が重要だということです。その代償として給与に反映されるのもシステム開発の仕事に携わる利点でもあると思います。他の業種に比べると給与は、かなりよいと思いますがこれは年齢制限があるからです。30歳前位までが勝負です。あとは、扱いにくい人間や頑固な人は仕事がなくなる一方なので大変な世界でもあります。大手のIT企業でも、中高年になると、ほかの企業に比べてリストラになる可能性も高いのでそのことも頭に入れておいた方がよいと思います。一番いいのは、転職して独立するくらいの考えないとIT企業の転職、その後は大変ですよ。

IT業界へ転職する際の志望動機について

IT業界だけに限定した話ではありませんが、転職の際の志望動機には、押さえておくべき点がいくつかあります。

「転職を考えたきっかけは何か」「なぜ、その企業でなければならないのか」「将来はどうなっていたいのか」などです。

これらを踏まえたうえで、さらにIT業界では、職種などによっては特定の技術や知識が求められることが少なくありません。

ですから、志望する企業で活用できそうな技術や知識を持っている人は、ぜひアピールすべきです。

技術や知識以外の、経験などにも同じことがいえます。

さらに、「なぜその職種を志望したのか」ということまで説明できたなら、よりよいイメージを与えることができます。

そして、志望動機の例文などは、今はインターネットで検索すればたくさん出て来ます。

それらを参考にするのは悪くありませんが、それだけでは不十分といえます。

面接官の心を打つ志望動機を作るには、業界および企業の研究も不可欠です。

これらを研究することで、さらに説得力を持たせることができます。

IT未経験でソフトウエア会社にアルバイト入社

ノウハウとうのもおこがましいですが、未経験で入社できました。

私は前職でエクセル・ワードは使っており、アクセスはパソコン教室で勉強したことはあったのですが、プログラミングについては大学の授業で薄っすら勉強しただけで実務はまったくなく、それでも手に職をつけたくてIT業界に転職しました。
未経験でアルバイト採用の求人に応募して採用が決まりました。

求人媒体はハローワークです。IT業界の求人数は多く、毎日のように新しい求人が掲載されています。数多くの求人から今の会社の求人に応募したのは、何となく、ピンときたからです。なんじゃそりゃ!と言いたくなるかもしれませんが、求人票から自分に合いそうな会社がオーラとして伝わってくるのです。これは他の業界でも共通かもしれませんが。

実際入社してみると、やっぱり居心地良かったです。

面接のときは前職でエクセルの関数を扱う仕事が得意だったことと、性格的に黙々とひとつのことに集中できて新しい知識を習得するのが好きなことをアピールしました。

自分がIT業界に向いていそうなことをしっかりと伝えることができれば大丈夫だと思います。

システム開発に転職したい方

もし、ほかの業種からシステム開発の仕事に転職したい方は、まず勉強して資格をとるとよいと思います。未経験者でも資格をいくつかとっておけば、外注先で仕事がもらえるからです。そして、さらにスキルを積んで自分が仕事を営業の人に探してもうのではなく、外注先で評価が高い人間になって自分を売り込んで自分で仕事をみつけてくるようになれば徐々に仕事が選べるようになります。もし、面接などで資格などがなくても、この会社に入って自分はどういうことをしたいのか、その先どういうことをして会社に貢献していきたいのかを経営者に説明できれば採用される確率は高いと思います。そして、自分のことばかりではなく、会社の経営者の考えもしっかり聞くことがだいじです。結局、経営者に気にいってもらえないと採用されませんしね。あと、この業界はこもって作業をすることが多いので集中力があるひとが向いていると思います。請負の仕事以外は、外注先で仕事をするのでコニュニケーションがとれるといいと思います。

IT企業転職の際のポイント

IT企業で転職を行う際にはもちろん自分自身のスキルを明確にして職務経歴書や履歴書に記載することがポイントです。

しかしながら、同じようなスキルをしている場合にはどうしても人間力に委ねられる場合があったり、人脈がものを言うこともあります。ですから各の仕事でいかに字幕を築いていて紹介があったかというのは強みにすべきだと思います。自分自身の人間力を売りにする場合には知り合いがいたほうが間違いなくプラスになるわけですから。

そして、実際にビジネスを展開する中でプレイヤーとしての能力だけではなくコミニケーション能力をいかに発揮することができるが、保証能力がどれだけあるかと言うのは面談だけではなかなか推し量れないところがあります。自分自身を押してくれる人材がいることがまずはポイントにすべきだと思います。実際に転職を考えたときに転職先にいかに自分を押してくれる人材がいるかをポイントにして転職先を探すようにしましょう。

IT企業に転職するには

IT企業に転職を希望する方に情報を提供します。もし、システム開発に興味があって転職を考えているのであれば20代前半が一番いいと思います。システム開発の会社は、若い人材を探しています。なぜ、若い人材を探しているかというと、一日中こもって作業する仕事だからです。仕事の忙しくない時はよいのですが、仕事のスケジュール通り進みが遅いと納期に間に合わないので泊まり込みで作業することが多いのです。だから、精神的にも肉体的にも若い方がガッツがあるので採用されやすいと思います。そして、できれば結婚をしてないほうが向いている仕事かなと思います。ホントに忙しいと家に帰らないのは1~2週間はざらなので家族がいると、心配するのは奥さんや子どもたちです。なぜ、休みの日まで会社にいかないといけないのかと家族の理解が必要な業種なのです。女性も少ない世界だと思います。ほぼ、数学数字に強い理系の女子が働いているのですが、結婚したら深夜作業は無理だと思います。

IT企業の転職について

IT企業に勤めていて同業者に転職するにはいくつかのポイントがあります。まずは自分自身の棚卸しをしっかりしてください。どのようなプロジェクトに関わっていてどのような言語プログラミングに強いのか、また家プロジェクトマネジメントに強いのかなど自分自身の強みがあるはずです。それを職務経歴書や履歴書にしっかり記載することが重要になってきます。もちろん、具体的な資格を取得している場合にはそれもしっかり明記するようにしましょう。

そして、転職する際に重要なのは具体的なスキルだけではなく人間力もポイントになってきます。今のIT企業においては1人の力では何も成し遂げられません。チームやプロジェクトとして活動していくからです。こうした組織の中で自分自身がどのような役割を果たすことができるのか明確にし、マネージャーとしての役割を果たすのがプレイヤーとしての役割を果たすのか、自分自身の強みを明確にすることがポイントになってきます。

未経験からIT業界に転職するためのポイントとは

未経験でIT業界へ転職するには、以下のポイントをクリアーしている必要があります。

一つ目は、「20代である」。

これは、いわゆる「ポテンシャル採用」です。

IT業界では専門知識が要求されますし、案件によってはかなりの長時間労働になることもあります。

ですから、未経験の場合はとりあえず周囲に追いつくことが求められますが、20代であれば伸びしろがあるだろうということで、採用されやすくなります。

逆にいうと、30代以上だと厳しいということです。

二つ目は、「物を作るのが好き」。

IT業界では、アプリなどのバーチャルな物からVR機器などのリアルな物まで、いろいろな物を作っています。

ある意味、「新しい製造業」といえます。

三つ目は、「勉強が苦にならない」。

IT業界は進歩のスピードが速いので、昨日の知識が今日は使えないということもままあります。

ですから、常に勉強していなければなりませんが、それが苦にならない人でないと、厳しいでしょう。