IT系で上手に転職するコツとは

IT系で上手に転職したいと考えていたので、まず条件を絞り込んで仕事探しをすることにしました。自分で転職活動するには、時間もかかるため、IT系専門の転職サイトへ登録しました。プロフィール登録は、事前にしっかり記入したことでスキルや保有している資格など詳しいことを具体的に書いておき、転職したいと考えるようになったきっかけを記載しておきました。また、転職後はどのような分野を伸ばしていきたいかなど明確にしました。やはりはっきりと記載しておくことが重要になると感じたので、目的などは明確に記載しました。保有している資格やスキルを活用できるような仕事をしたいと考えていたので、転職する際には目的や希望をきちんと明記していました。残業も可能ですし、チームワークを重視しながら他のメンバーとの協調性もIT系は必要なので、面接の際にははっきり伝えたことで好印象になったようです。仕事はメンバーとの協力も重要になります。

IT系は転職もスムーズにできます

IT系企業で働いていましたが、もっと福利厚生面を充実させたいと考えるようになり、転職することにしました。今まで勤務していたIT系企業は、会社ができてから5年ほどのところで福利厚生面はあまり充実していませんでした。人数も少人数で働き、様々なスキルを身につけることができたので、スキルアップしたいと考えるようになり転職を検討するようになりました。IT企業を沢山あり、けっこう転職募集している企業も多く、IT系専門の転職エージェント会社へ登録し、福利厚生面の充実を希望しているなど具体的なことを伝え、転職することにしました。履歴書の作成もエージェント会社の方が行ってくれますし、自分の希望にあった転職先を紹介してくれるので時間を有効活用することができます。転職エージェント会社へ登録すると希望にあった職場を紹介してくれるので安心できますし、プロの方から直接アドバイスをもらえるので参考になり刺激になりました。

大きいプロフェクトを任せられるようなエンジニアを企業は求めている

IT関係の仕事しているエンジニアが転職をするときには今よりも高い月収がもらえる企業を選ぶことが肝心です。ただ、高い給料をもらうためにはレベルの高いスキルを持っていなくてはならないです。また、素人ではなかなか取ることができないようないくつの資格を持っていると転職をするときに有利です。もし過去に大きいプロジェクトに参加した経験があるならば面接のときにアピールするといいです。やはり大きいプロフェクトを任せられるようなエンジニアを企業は求めています。また誰でもすぐに習得できるようなスキルよりも、専門性の高いスキルを身につけておいたほうがレベルの高い開発分野の仕事をすることができます。専門性の高い分野の方が報酬が高いので転職をする人は日頃から努力をしてスキルアップをしておくべきです。プログラマが会社を辞めるときにフリーランスになるか企業に転職をするか悩んでしまいがちです。しかし、大きな仕事をしたいならば企業に属しておいた方がいいです。

個人の頑張り次第で転職をしてたくさんの収入を得ることができる

IT関係の仕事をしている人が転職をするときには給料だけでなく勤務時間についてもチェックすることが肝心です。高いスキルが有ればフリーランスになって自分の好きな時間に好きな仕事だけを選んで仕事ができるので、自分の時間を大事にしたい人は企業に属するよりもフリーランスになってみてもいいです。ただ、大きいプロジェクトに関わりたい人はフリーランスになるよりも企業に属して高いスキルを持った人といっしょに仕事をした方が無難です。転職をしたくても良い条件の企業が無いときはネットで探してみるといいです。都内には多くのIT関係の仕事があるので理想の企業が見つかりやすいです。そのため、地方に住んでいて望みの仕事が見つからない人は都内に引っ越しをすることを選択肢に入れるといいです。IT関係の仕事は個人の頑張り次第でたくさんの収入を得ることができる素晴らしい仕事です。そのため、いつでも報酬のいい会社に転職ができるようにスキルアップをするための努力をするべきです。

条件の良い企業へ転職をするためにセミナーに通うといい

IT関係の仕事をしている人が今の給料に満足できていないならば転職をすれば大きく稼げる可能性があります。今働いている企業よりも条件の良い企業へ転職をするために独学でプログラミングを学んでいる人は多くいます。スキルアップをしたい社会人のためのセミナーは多くあるので転職を望む人は通ってみるといいです。プログラミングというと若い内から学ばないと身につかないと思われがちですが、年齢が上がっても努力次第で専門性の高い知識を身につけることはできます。転職をするときに大きな企業へ転職をしたいと思いがちです。しかしIT関係の仕事は大きな企業でなくても大きく儲けることはできるので会社の規模を気にしないで転職先を探した方が良い条件の企業を見つけやすいです。高いスキルを持っている人ほど大きく稼げる分野なので、常に最新のプログラミングスキルを習得する努力を怠らないようにするといいです。また、セキュリティの知識がある人を欲しがる企業はたくさんあるのでセキュリティの深い知識を持っておくべきです。

IT業界の職種と適職

IT業界に限ったことではありませんが、転職をする際は、自分のスキルや得意分野に合った職種を選ぶ必要があります。

例えば、「物を作るのが好き」「新しい技術を身に付けたい」という人であれば、エンジニアが向いています。

IT業界は、他の業界と比べると、進歩の速さがケタ違いです。

ですから、常に新しい技術を身に付けておかなければなりませんので、それが苦にならないことが重要です。

また、顧客が求めている物をしっかり理解したうえで、閲覧者の使いやすさにも配慮したデザインを考えなければなりません。

さらに、「地道な作業を苦としない根気」「問題を解決する能力」「メンバーに自分の考えを伝えられるコミュニケーション能力」なども求められます。

次に、「人と接することが好き」という人は、「営業職」が向いています。

人と接することで、人脈を広げられるというメリットもあります。

このように、自分の得意分野などを分析したうえで転職活動を行えば、成功する確率を高めることができます。

IT系の仕事の求人時期にも注目

IT系の仕事を探すにしても、「求人が出ている時期」に注意した方がいいでしょう。そしてもちろん「求人内容」や「会社に関する情報」についても。

なぜってやっぱり「転職失敗」したくはないじゃないですか。イヤなーな会社に就職してしまい、そしてまた転職先を探すことになりたくはないじゃないですか。どうせならば、長く勤めたいと思うものでしょう。

そしてだからこそ、IT系の仕事にしましても、求人についてはしっかりと見極めなくてはならないのです。そのまずひとつが「求人が出ている時期」でしょう。

「年がら年中、求人が出ているIT系企業」はやめておいて正解です。また、「中途半端な時期に出ている求人」もやめておいていいかも知れません。

4月採用ではなく、また下半期の始まりである10月採用でもない半端な時期に出ている求人は、もしかすると半端な時期に辞めて行った社員がいるからこその求人かも知れませんからね。

そしてそのような時期に求人を出さざるを得ない背景を考えてみますと、うかつにその求人に飛びついて良いものなのかは迷うところです。とはいえ、産休の欠員の場合もありますので、一概には言えないところですが。

IT系の転職先

システム開発の仕事を希望する人は、20代前半がよいと思います。30歳すぎると、年齢的に採用されるのは難しいです。よっぽど資格や経験を積んでいないと厳しい世界なのです。システム開発で仕事のできる人間は、30歳ですでに管理職をしていて開発の仕事を黙々と作業をこなすというより、教える立場にいるのでリーダーの素質が備わってないと無理です。30歳以上で転職してシステム開発の仕事をしたいのであれば、経験と資格が重要だということです。その代償として給与に反映されるのもシステム開発の仕事に携わる利点でもあると思います。他の業種に比べると給与は、かなりよいと思いますがこれは年齢制限があるからです。30歳前位までが勝負です。あとは、扱いにくい人間や頑固な人は仕事がなくなる一方なので大変な世界でもあります。大手のIT企業でも、中高年になると、ほかの企業に比べてリストラになる可能性も高いのでそのことも頭に入れておいた方がよいと思います。一番いいのは、転職して独立するくらいの考えないとIT企業の転職、その後は大変ですよ。

IT業界へ転職する際の志望動機について

IT業界だけに限定した話ではありませんが、転職の際の志望動機には、押さえておくべき点がいくつかあります。

「転職を考えたきっかけは何か」「なぜ、その企業でなければならないのか」「将来はどうなっていたいのか」などです。

これらを踏まえたうえで、さらにIT業界では、職種などによっては特定の技術や知識が求められることが少なくありません。

ですから、志望する企業で活用できそうな技術や知識を持っている人は、ぜひアピールすべきです。

技術や知識以外の、経験などにも同じことがいえます。

さらに、「なぜその職種を志望したのか」ということまで説明できたなら、よりよいイメージを与えることができます。

そして、志望動機の例文などは、今はインターネットで検索すればたくさん出て来ます。

それらを参考にするのは悪くありませんが、それだけでは不十分といえます。

面接官の心を打つ志望動機を作るには、業界および企業の研究も不可欠です。

これらを研究することで、さらに説得力を持たせることができます。

IT未経験でソフトウエア会社にアルバイト入社

ノウハウとうのもおこがましいですが、未経験で入社できました。

私は前職でエクセル・ワードは使っており、アクセスはパソコン教室で勉強したことはあったのですが、プログラミングについては大学の授業で薄っすら勉強しただけで実務はまったくなく、それでも手に職をつけたくてIT業界に転職しました。
未経験でアルバイト採用の求人に応募して採用が決まりました。

求人媒体はハローワークです。IT業界の求人数は多く、毎日のように新しい求人が掲載されています。数多くの求人から今の会社の求人に応募したのは、何となく、ピンときたからです。なんじゃそりゃ!と言いたくなるかもしれませんが、求人票から自分に合いそうな会社がオーラとして伝わってくるのです。これは他の業界でも共通かもしれませんが。

実際入社してみると、やっぱり居心地良かったです。

面接のときは前職でエクセルの関数を扱う仕事が得意だったことと、性格的に黙々とひとつのことに集中できて新しい知識を習得するのが好きなことをアピールしました。

自分がIT業界に向いていそうなことをしっかりと伝えることができれば大丈夫だと思います。