システム開発に転職したい方

もし、ほかの業種からシステム開発の仕事に転職したい方は、まず勉強して資格をとるとよいと思います。未経験者でも資格をいくつかとっておけば、外注先で仕事がもらえるからです。そして、さらにスキルを積んで自分が仕事を営業の人に探してもうのではなく、外注先で評価が高い人間になって自分を売り込んで自分で仕事をみつけてくるようになれば徐々に仕事が選べるようになります。もし、面接などで資格などがなくても、この会社に入って自分はどういうことをしたいのか、その先どういうことをして会社に貢献していきたいのかを経営者に説明できれば採用される確率は高いと思います。そして、自分のことばかりではなく、会社の経営者の考えもしっかり聞くことがだいじです。結局、経営者に気にいってもらえないと採用されませんしね。あと、この業界はこもって作業をすることが多いので集中力があるひとが向いていると思います。請負の仕事以外は、外注先で仕事をするのでコニュニケーションがとれるといいと思います。

IT企業転職の際のポイント

IT企業で転職を行う際にはもちろん自分自身のスキルを明確にして職務経歴書や履歴書に記載することがポイントです。

しかしながら、同じようなスキルをしている場合にはどうしても人間力に委ねられる場合があったり、人脈がものを言うこともあります。ですから各の仕事でいかに字幕を築いていて紹介があったかというのは強みにすべきだと思います。自分自身の人間力を売りにする場合には知り合いがいたほうが間違いなくプラスになるわけですから。

そして、実際にビジネスを展開する中でプレイヤーとしての能力だけではなくコミニケーション能力をいかに発揮することができるが、保証能力がどれだけあるかと言うのは面談だけではなかなか推し量れないところがあります。自分自身を押してくれる人材がいることがまずはポイントにすべきだと思います。実際に転職を考えたときに転職先にいかに自分を押してくれる人材がいるかをポイントにして転職先を探すようにしましょう。

IT企業に転職するには

IT企業に転職を希望する方に情報を提供します。もし、システム開発に興味があって転職を考えているのであれば20代前半が一番いいと思います。システム開発の会社は、若い人材を探しています。なぜ、若い人材を探しているかというと、一日中こもって作業する仕事だからです。仕事の忙しくない時はよいのですが、仕事のスケジュール通り進みが遅いと納期に間に合わないので泊まり込みで作業することが多いのです。だから、精神的にも肉体的にも若い方がガッツがあるので採用されやすいと思います。そして、できれば結婚をしてないほうが向いている仕事かなと思います。ホントに忙しいと家に帰らないのは1~2週間はざらなので家族がいると、心配するのは奥さんや子どもたちです。なぜ、休みの日まで会社にいかないといけないのかと家族の理解が必要な業種なのです。女性も少ない世界だと思います。ほぼ、数学数字に強い理系の女子が働いているのですが、結婚したら深夜作業は無理だと思います。

IT企業の転職について

IT企業に勤めていて同業者に転職するにはいくつかのポイントがあります。まずは自分自身の棚卸しをしっかりしてください。どのようなプロジェクトに関わっていてどのような言語プログラミングに強いのか、また家プロジェクトマネジメントに強いのかなど自分自身の強みがあるはずです。それを職務経歴書や履歴書にしっかり記載することが重要になってきます。もちろん、具体的な資格を取得している場合にはそれもしっかり明記するようにしましょう。

そして、転職する際に重要なのは具体的なスキルだけではなく人間力もポイントになってきます。今のIT企業においては1人の力では何も成し遂げられません。チームやプロジェクトとして活動していくからです。こうした組織の中で自分自身がどのような役割を果たすことができるのか明確にし、マネージャーとしての役割を果たすのがプレイヤーとしての役割を果たすのか、自分自身の強みを明確にすることがポイントになってきます。

未経験からIT業界に転職するためのポイントとは

未経験でIT業界へ転職するには、以下のポイントをクリアーしている必要があります。

一つ目は、「20代である」。

これは、いわゆる「ポテンシャル採用」です。

IT業界では専門知識が要求されますし、案件によってはかなりの長時間労働になることもあります。

ですから、未経験の場合はとりあえず周囲に追いつくことが求められますが、20代であれば伸びしろがあるだろうということで、採用されやすくなります。

逆にいうと、30代以上だと厳しいということです。

二つ目は、「物を作るのが好き」。

IT業界では、アプリなどのバーチャルな物からVR機器などのリアルな物まで、いろいろな物を作っています。

ある意味、「新しい製造業」といえます。

三つ目は、「勉強が苦にならない」。

IT業界は進歩のスピードが速いので、昨日の知識が今日は使えないということもままあります。

ですから、常に勉強していなければなりませんが、それが苦にならない人でないと、厳しいでしょう。

IT系の転職活動は求人サイトを利用

IT系専門の求人サイトへ登録しておくと、スカウトメールが届くようになります。まず、Webサイトで登録する際には、保有している資格や今までのキャリア、そして使用できるOSやUNIXやLinuxなど幅広く記載しておくことは大切です。また、英語ができるなど語学が得意な方は会社側も欲しい人材になるため、プロフィールの登録はきちんと丁寧に記載しておくことが大切になります。中途採用になると、実践力を必要とする人材が欲しいですし、仕事をしながらスキルアップしてくれるような人材を会社側も魅力的だと感じます。まず、自分の特技やキャリアをきちんと示すことで興味をもってくれるため、自己アピールはとても大切になります。スキルアップできる職場環境は何より重要になるため、今後のビジョンや転職する目的をハッキリアピールすることで、転職活動もスムーズにできます。働きやすい環境で勤務することは何より大切になるため、人間関係も大切になります。

IT系の仕事で公務員になれるか

「IT系の仕事」と言いますと、民間企業への就職しかないぐらいに思っている人もいるでしょうか。IT系の仕事を探す際に、自治体のホームページを開いて求人をチェックしていく人は、まあまずいないとも言えるでしょうか。ハローワークで求人探しを行いましても、IT系の仕事に特化した自治体からの求人は、まず出ていないと言っても良いぐらいだと思いますから。

しかし「IT職」として、自治体から募集が出ていなくとも、「IT系の仕事についていた」ということで、採用に有利に働くこともあることです。なぜなら、自治体には電算部門もありますからね。つまりIT系の部署もあるということです。

自治体のIT系の部署はすべて外注というわけではありませんからね。すべてを外注にしてしまうと、危険そのものだとも言えるじゃないですか。ですからこそ内部でもITに詳しい人が必要なのです。

そういうわけで、「IT系の仕事」についていたことで有利に働くこともありますので、年齢的にまだ公務員採用試験を受けられるのでしたら、転職先に検討してみてもいいのではないでしょうか。給与相場は低めでも超過勤務手当がしっかりと出るところは、やはり公務員の魅力だと言えるでしょう。

IT系の仕事へ転職する際は離職理由に注意して

IT系の仕事へ転職する際は、「離職理由をしっかりと言えること」だと思います。IT系の仕事への転職のまず第一関門が、「離職理由をしっかりと言えること」だと言えますから。

IT系の仕事への転職の場合、採用試験の第一関門は筆記試験ではなく、面接試験が多いという印象です。というか、筆記試験は中途採用者には行われず、面接試験のみで採用の合否を決めるところが多いのではないでしょうか。

そして「転職」ということですから、当然「前職」があるということでしょう。IT系の仕事への転職には、もちろんスキルは必要ですし、「何をどのぐらいできるのか?」ということは、当然面接試験で聞かれることです。

けれどパーソナリティーに関しては、「何をどのぐらいできるのか?」という質問だけでは、さほどわかりませんからね。ですからこそ「離職理由」を聞くのです。「筋が通っている離職理由」であることが大事ですよ。離職理由が無責任な人は採用したくないものですから。

IT系転職はスキルアップを目指そう!

IT系の求人は多数ありますし、やはり男女共にスキルアップできる職場です。全くの初心者の方でもチャレンジできる職場なので、初心者の方で異業種の方なども沢山転職します。その代わり転職後はスキルアップが必要になるため、資格取得や色んな勉強が必要になります。まずは、手短かに始めることができるホームページ作製などWeb作製は人気があり使用するHTMLなど独学で習得する方も多いですし、本屋さんへ行くと沢山並んでいるので、参考になる本が多々あります。自分でブログ開設しながら色々アレンジするなど、幅広く楽しめるのでチャレンジしてみるのも良いです。転職時には入社後のビジョンをはっきり伝えることは大切です。未経験の場合、プログラミングをしたい、ネットワークエンジニアとした働きたいなど仕事をしながら資格取得に向けて勉強することもできますし、幅広く活躍できる職場なので自己アピールは必要な職場だと言えますし、スキルアップできます。